塗料のご紹介

塗料の種類について

外壁塗装の塗料にはグレードがあり、耐久年数の長さに比例して価格が高くなる傾向にあります。東京・大田区にあるノッケンは費用対効果を考え、長いスパンで見たときにどれだけお得になるかを考慮して、ベストな塗料をご提案いたします。

塗料のグレード

外壁塗料には主にクリル、ウレタン、シリコン、フッ素があります。それぞれの耐久年数、特徴、価格について説明します。

塗料の樹脂の種類 耐久年数 特徴 価格
アクリル 約5年~8年 かつては一般的に使われていたもっとも安価な塗料。しかし、耐久年数が短く、小まめなメンテナンスが必要になるため、最近ではあまり使われなくなりました。 安い
矢印
高い
ウレタン 約10年 アクリルよりひとつ上のグレードの塗料。光沢があって、厚く塗りやすく、耐薬性が高いので化学薬品と使用しても変化しにくいといった特徴があります。ただし、アクリルと同様、耐久年数が短いため、維持する期間を考えて選んだほうがいいでしょう。
シリコン  おすすめ! 約10年~12年 高級グレードの外壁塗料。光沢があり、弾力性もあるので塗りやすいのが特徴。ノッケンは家を長持ちさせるため、シリコンを推奨しています。
フッ素 約15年 耐久年数が長いフッ素は高価なので、予算との兼ね合いで検討していきます。

ノッケンのイチ押しは費用対効果の高いシリコン

耐久年数、性能、価格をトータルで考えた場合、もっともバランスがいい塗料のグレードは「シリコン」です。ノッケンがメインで扱っている水性シリコンはシンナーの臭いが少なく、10年以上長持ちするという、機能性・耐久性などの面で優れています。

水性シリコンセラ.UV(日本ペイント)

水性シリコンセラ.UVは、紫外線による劣化防止を考慮して開発された塗料で、耐久性が高いのが特徴です。防カビ・防藻機能があるので、コケやカビから外壁を守ってくれます。水性なのでいやな臭いがなく、近隣へのご迷惑になりにくく、環境にやさしい塗料です。「つやあり」から「つやなし」まで幅広い光沢感が選べ、お好みの外観に仕上げることができます。

水性セラミシリコン(エスケー化研)

シリコン系の樹脂にセラミック成分を複合化させた水性セラミシリコンは、耐久性にとても優れたコーティング材料です。大気中のほこりや排気ガスなどを寄せ付けないため、一度塗装すれば、10年~12年以上持つといわれており、コストパフォーマンスが高い塗料です。雨風に強くコケやカビを防ぐ機能も備わっています。

プラスαのご提案。遮熱塗料でエコロジーに

遮断塗料とは、いわば日焼け止めクリームのようなもの。太陽の熱を遮断する成分によって、建物の表面温度を下げ室内に伝わる熱を大幅にカットします。真夏の太陽の日差しを受けた屋根は70℃~80℃ぐらいまで上昇しますが、外壁に塗ることで10℃ほど下がり、空調コストが削減され省エネにつながります。

サーモシャット工法シリーズ(エスケー化研)

サーモシャット工法シリーズの遮断塗料は、太陽光に含まれる近赤外線(熱線)を反射し、熱をシャットアウトします。空気中の汚染物質から外壁を守る効果があり、防カビ・防藻にも優れているので、耐久性が高い塗料です。

クールタイトシリーズ(エスケー化研)

クールタイトシリーズは、特殊顔料により近赤外線(熱線)をしっかり遮断する優れた塗料です。特殊セラミック成分により、汚れを寄せ付けず、塗料の劣化を防ぎ、長期に渡って高い遮断性能を維持することができます。

塗料選びはノッケンにお任せください

「多少割高になっても家を長持ちさせたい」「イメージに合う色を選びたい」など、お客様のご要望に合わせた塗料をノッケンがおすすめします。無料見積もりも承っていますので、お気軽にご相談ください。

無料相談・お見積もり