安さの理由

ノッケンの安心価格の理由

大型マンションやビルなどの外壁塗装の実績が豊富なノッケンは、高い技術・サービスをご提供しています。「それなりに値段はかかるんでしょ?」と思うかもしれませんが、ノッケンはさまざまなアイデアでコストパフォーマンスの高い料金を実現させました。

屋根・外壁の塗装料金は業者によってバラバラ

屋根・外壁の塗装料金は業者によってバラバラ

外壁塗装料金の目安は25坪の戸建てで80万円~120万円です。ポストに入っていた「家の外壁の塗り直しを50万円ですべて承ります!」というチラシを見て、飛びつきたくなる気持ちも分かりますが、そこは冷静になってみましょう。市場の相場とあまりにかけ離れた料金は、必要な施工・塗料を省いている可能性があります。「安かろう、悪かろう」で手抜き工事をしているとすぐに荒が見えてきてメンテナンスが必要になり、長い目で見ると結局高くつくことになります。

塗料の使い方で差が出る

塗料の使い方で差が出る

業者によって外壁塗装料金の差が出る理由のひとつが塗料の選び方や扱い方にあります。

  • 下地調整……ハガレやヒビ割れなどに対応した処置を行うこと
  • 調合比率・希釈率……正確に計量する
  • 養生時間……下塗り、中塗り及び上塗りを行う際の時間の間隔をとる

これらは、塗料メーカーによって決められている使用上のルールです。塗装をする前にヒビ割れを樹脂モルタルなどで埋め込んでから下塗りをする、塗料の希釈率は必ず守ること、3度塗りの間隔はしっかりとることなどが定められています。ですから、十分な塗料を使わなかったり、塗料を乾かす時間を短縮して工事期間を短くするなどの「手抜き」によって、料金を安くしている場合があります。

ノッケンは塗料メーカーのルールを遵守することは当然のこと、ゼネコン業界の仕事も多いため、塗料の仕入れルートを独自に確保しています。卸値に近い価格でお客様に提供できるため、リーズナブルな料金が実現可能なのです。

ノッケンは足場代が無料

ノッケンは足場代が無料

外壁塗装の足場代は一般的な一軒家で15万~20万円ほどです。「えっ、そんなにかかるの?」と驚かれるのではないでしょうか。多くの業者は足場をレンタルするようですが、ノッケンは足場を所有しているので料金がかかりません。足場代約15万~20万円のコスト面が抑えられ、その分を十分な塗料の確保や丁寧な作業工程などにまわせる仕組みを作り上げています。

職人は基本ノッケンの社員

他社では営業担当者が外壁塗装の契約を受注したあと、実際の作業は外部の職人を手配するというケースも少なくありません。一方、ノッケンの職人はすべて社員ですので、外注をする際に発生するマージンはゼロ。コスト削減につながるだけでなく、常に一緒に仕事をする仲間だからこそ、職人同士のあうんの呼吸や技術アップのための教育体制が整っており、職人のレベルも高いと自負しています。

余分なコストはカットして、リーズナブルな価格で確かなクオリティをご提供することがノッケンが目指すところです。ゼネコン業界で大型物件を手掛けていた当社が培ってきた技術・サービスについてはこちらをご覧ください。

大田区・目黒区の地域に密着した塗装会社「ノッケン」への無料相談・お見積もり